有名占い師、今注目の占い師の皆さんの生の声を聞きに行く「占いインタビュー」
占いの世界で様々な形で活躍している方々に、「どうして占いの道に?」「どうしてそういう仕事の形態に?」などの色々な質問をしていきます。

 

今回のインタビューは西洋占星術研究家の登石麻恭子(といしあきこ)先生です。
人や植物・鉱物と西洋占星術との関係を長く研究され、鑑定はもちろん講座などで大活躍中の、西洋占星術における第一人者のお一人でいらっしゃいます。

 

占いの道にどのように入っていったか、いつもどのように研究を深めているのかなどの様々な話を、ウラナイ8メンバーの甘夏弦先生と一緒に伺ってきました。全三回です。(夏瀬杏子)

 

VOL.1はこちら→
VOL.2はこちら→

 

登石麻恭子先生 プロフィール

西洋占星術研究家

英国IFA認定アロマセラピスト
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
ホリスティックなツールとしての西洋占星術と、アロマテラピー・ハーブ・フラワーエッセンスといった植物療法や パワーストーンなどを組み合わせたセラピー占星術を実践。都内にてセッション・講座を開催中。

主な著書:
「スピリチュアルアロマテラピー事典」「366日の誕生日パワーストーン事典」「魔女のアロマテラピー」「魔女の手作り化粧品」

ブログ 「登石麻恭子の星と香りの日々」→

これからの展望について伺いました

あんこ
これは皆さんに聞いているのですが、登石先生にもどうやってプロになったか、どのように0から1にしたかというみたいな話を聞きたいです。

登石先生
占星術ってアマチュアているって決めたらアマチュアだし、 プロになるって決めたらプロなんです。
プロになるって決めて、それで大金とまで行かなくてもお金をいただくとなるとそこで経済が動きますし、相手からもお金をもらってる分は何かを提供する、というようなギブアンドテイクが発生してる時点でプロなんです。だから実際に占いのプロになるハードルってそんなに高くないのですが、ただプロであり続けられるかって言ったら別の問題です。
ちゃんとペイに見合った何かを提案できるように技能を上げていくとか含まれていくのは自分の責任です。
「続ける」ってことが大変ですかね。

あんこ
先生はこれまで「続けてきた 」訳ですけど、今まで「ここが大変だった」「こういうことを考えてやってきた」とかありますか?

登石先生
う~~~ん・・・火のサインに聞くと意思しかないんですよ(笑)

あんこ
「続けていくぞ!」という意思しかないんですね。

登石先生

求められてる限りはやっぱり、来た球は打つという姿勢ではありたいなと思っています。

 

あとはあまり無理をしないというのはあります。今だったらそろそろ動画をやった方がいいのかしらとか、ZOOMなどをやれた方がいいのかしらとかあるんですけど、ハードルが高いなと思う限りは無理だなと思うんです。
そして大体が相手から要求された時に猛ダッシュで動いて、そこで対応していくって感じです。

あんこ
今聞いてて思いましたが、やっぱり活動宮だからいざとなった時に動けるんでしょうかね。

登石先生

マグロみたいな生き方というんでしょうか、 ブレーキのない自転車とか?ずっと動き続けなければいけないと思っている所があります。止まったら死ぬなっていうのもあるし。

 

あと、自分が面白くなくなっちゃったらおしまいなんです。
太陽は牡羊なんですけど同時に土星もいるので、多分土星期が終わるまでは好きなことをやり続ける感じになるのかなと思います。70才前までぐらいかな。

甘夏
まだまだ続きますね。

登石先生
自分にとって面白くないっていうのはワクワクしないし、モチベーションにもならないんです。
やらされるっていう部分があったとしても、その中に自分の面白いが入ってればそれでよかったりするので、「これ面白そうだよね」 って 部分がいうのがあれば全然行っちゃいます。たとえば、利益を追求し過ぎて「これ以上のペイがないとやりません」となってしまうと自分としては面白くないんです。

 

新しい試みもできないし・・・自分が研究したことで実験的に講座をやって、参加の方のリアクションを取ってまた研究してというようなことが面白いんです。

あんこ
いかにワクワクし続けるかってことですね。 ワクワクしてないとダメなんですね。

登石先生
でもそれ言っちゃうと負けた気がする(笑)
自分の楽しみもあるし、自分にとってのステップアップになるみたいのも同時にないと面白くないんですね。

あんこ
そのステップアップはたぶん名誉とか地位とか、そういう話ではないのですよね。

登石先生
そう意識というのでしょうか、一つ先の世界を知るみたいな感じですね。
高いとこに行けば色々見えるじゃないですか。

 

それには占星術の本ばっかり読んでたらダメだと思うんです。
占い師は新聞を読んだ方がいい、ニュースをみたほうがいい。
特にネットのニュースは自分にカスタマイズされていたりするので、思ったよりも狭い範囲でしか見えてなかったりするんです。
新聞は自分の全然興味のないものも目に入ってくるのでいいんです。それが仕事のどこかで役に立つかもしれない、
自分の知らない業界があるということの窓口がなかったりすると、その業界からのお仕事が来ないという話になってしまう。

 

占いって12ハウスマターとか、魚座マターとか言われるんですけど、そこはごっちゃな世界なので、すごく幅広くものを見ていった方がいいと思います。

甘夏
広い世界を知っておくというのは確かに大事ですね。どんな立場の人が来るかわからないから。

登石先生
そう、占いって本当に幅広い人が訪れる職業で、 仕事のこと、恋愛のこと、あと子供との相性もと多岐にわたって聞かれるので、それに対応できるように経済の業界も恋愛業界も、子供業界のことも目を向けてないいけないので、アンテナは張っておいたほうが良いです。

あんこ
色々な人に会ってみるとか、 友達を広く持つとかもいいですよね。

登石先生
そうそう、他人に興味があった方が楽しい仕事ですね。
1枚のホロスコープが人の人生を表すなら、 その体現が目の前にあると言うなら、 それがどこから来るのかを頭に興味深くその人を見つめることをやってほしいと思います。

 

私もやっぱりそこが面白いと思います。共感はできなかったらしなくてもいいんです。
こういう人がいるんだ、ってことで自分の勉強にもなるし世界が広がります。
何座の人はこうだから、という決めつけはいらなくて、ただギラギラとウォッチングするというか(笑)

あんこ
あとこれから先のことも伺いたいです。

登石先生
そうですね、そろそろ今までのやってきたことをまとめて本にしたいなと思っています。

あんこ
何の本を書きたいんですか?

登石先生
フラワーエッセンスと占星術だったり、植物療法と占星術だったりというあたりですね。
あと普通にヒーリングと占星術みたいなところでも・・・こうやっていくつか出る時点で既に 、どれだけの時間がかかるんだろうと思います。

甘夏
でもシリーズ化して欲しいです。

あんこ
やっぱり好きな人は好きですね。きっとこういう人が沢山います。

登石先生
わかった、頑張る。

甘夏
以前登石先生の講座で「スピリチュアル占星術」というのがあって、それがとても面白かったです。

あんこ
えっ、どんなものなんですか?

登石先生

あれはちょっと自分でも面白かったと思います。

 

当たるとか当たらないじゃなくって、スピリチュアルな視点でぐっと引いたところから物事を見ていくんです。
そうすると天体の意味が違ってくるし、サインに関しても例えば月だったりするとそのサインのテーマに書いて上っ面をすくうしかないんだけど、土星だと中領域だし冥王星だと長時間いるんで深いテーマを拾ってくる。
そのサインの読み方が天体によってエネルギーボディの階層と差をつけて表現していったりします。

あんこ
なんだかちょっと怪しい(笑)
でも即物的な視点でなく、そういう大局的な視点でみることも大事ですよね。

登石先生
なんやかんや言って今の山羊座の天体が抜けていったら何が残るのかというところにもなったりします。
私はアセンダントが山羊座なので、今は何が必要?って言うのを聞かれるのも嫌じゃないし、2月にはバレンタインだから女子力を上げるような講座のテーマを考えるのももちろん楽しいんですけどね。

あんこ
あとは後進を育てるとか、でしょうか。

登石先生
ん~~、育ててるつもりだけど・・・例えばまつい式の抱えるは無理って思ったり、松村式の放流もなかなか(笑)

あんこ
登石式はどんな感じですか?

登石先生
多分放流型ですね。
私の教えていることがベストかって言われたらそれは確実ではないじゃないですか。
他の先生のところにも行って、色々勉強してた方が一つの解釈に対してもバリエーションが出てくるし、占い師としての幅も広がります。だから色々な先生のところに行った方がいいと思います。 色々味見をね。

 

松村先生が昔、「虎の穴」のころだと思うんですが、占いの講座の値段をガツンと下げたんですよ。
当時はすごく画期的で、それで今までは手が届きにくいお値段だった占いの勉強をみんなしやすくなったんです。それを見ていたから思うのかもしれません。

あんこ
そのおかげで勉強できました。

登石先生
今はいろいろ占いを教わる道があるから。
教える方もyoutubeで占いの授業を配信したりしますしね。
そのぶん秘伝のタレが薄くなったみたいな感じはあるかもしれないけど、占い師になりたいという人にはチャンスかもしれないです。

 

そこでお金になったらやっていこうかなという人だとモチベーションが続かなくなって、「これくらいのお金だったらやらなくてもいいかなあ」となるし、今みたいに山羊座に天体が入り過ぎているときは「促成栽培ですぐ使える何かを教えてください」みたいな傾向があります。

 

この前アロマの業界の方とも、「ちょっとこれだけ習ってすぐに仕事に」とか「協会の資格が取れたら何の仕事ができますか」とか言ってくる人が多いという話をしたんです。
資格は・・・資格はスタートラインだから!

甘夏
そうですよね~

登石先生
そこからどれだけ実績を作るかだよね、って話です。
まずはスタートラインに立とうよ、って話で、プロですって言ったあとに自分なりのモチベーション、私だったりすると動機は「面白いから」ですけど、いろんな人が見れるからという風のサインの動機の人もいるし、ちょっとずつでもいいからお金にしたいという土のサインの動機の人も、誰かを癒したいという水のサインの動機の人もいるんです。

 

色々な動機があるのでそれに準拠したあり方を納得できるなら続けられるはずなので、手っ取り早くやってるつもりでも続けているとそれはやっぱり蓄積になるんです。

あんこ
色々と濃いお話をありがとうございました。
登石先生のこれからのご活躍をお祈りしております!あと本も待ってます。

 

 

お読み下さりありがとうございました。
次回のインタビューもどうぞお楽しみに。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事