有名占い師、今注目の占い師の皆さんの生の声を聞きに行く「占いインタビュー」
占いの世界で様々な形で活躍している方々に、「どうして占いの道に?」「どうしてそういう仕事の形態に?」などの色々な質問をしていきます。

今回のインタビューは、千葉県成田市を中心に都内などでもご活躍中の雨森亜子先生です。
3回目の今回は完結編、占いの仕事にどのように取り組んでいるかという話や、またこれからの展望についてのお話を伺いました。
(夏瀬杏子)
VOL.1はこちら→
VOL.2はこちら→

 

雨森亜子先生 プロフィール
千葉県成田市在住。
占術は西洋占星術・タロット・手相・インナーチャイルドカード。
独学後、2012年より中野トナカイ まついなつき氏に師事、2013年中野トナカイにて鑑定デビュー。
お客様から”戦略系占い師”と呼ばれ、鑑定は”作戦会議”と評される。
「ひとりひとりの個性の輝き」に光を当てたい、しし座太陽の占星家。
ヨガインストラクター&こっそりヒプノセラピスト。
ブログ:「あけたりしめたり」→

 

占いの仕事に対するスタンスを伺いました

あんこ
携帯電話は多くの人が紹介で買ってくれたとのことですが、占いのお客さんも色々な人から紹介されているのではないですか?

雨森先生

ご紹介で来ていただくお客様は多くて、とてもありがたいです。

 

今定期的に出ているイベントは、ものづくりの先生たちとご一緒することが多いんです。その先生の紹介で、生徒さんが来てくれたりします。誰かが「占星術に興味がある」というと「占星術ならいい人いるよ」って私を紹介してくれたり・・・

 

あとはヒプノセラピストの谷原由美さん→のブログを見て、という方もとても多いです。

あんこ
最初にトナカイのイベントに出て、それからはずっと成田でやっているんですよね?

雨森先生

それがしばらくは何もやってなかったんです。まず怪しい仕事って自分が思ってたもんで、地元でやりたくなかった(笑)

 

トナカイデビューから1年間位は、声かけられたらトナカイに行く、都内に呼ばれて個人鑑定する、みたいなとても受け身な活動でした。

 

2014年に土星がアセンダント乗るので何か当て込みたいな~と思っていた頃、通っていたヨガスタジオの先生が、うちのスタジオ使って何かやってみれば?と声をかけてくれました。
ヨガ関連の狭い世界なら、怪しくてもいいかな?と思って、スタジオで毎月新月のワークショップを始めました。

 

そのヨガの先生がとてもいい人で。「今回お申し込みが一人なんですが、スタジオ借りてもいいんでしょうか?」という時も「あー全然いいですよ!」と言ってくれて。
お客様が一人でも、先生も参加してくれるから私も入れて3人になるんですよ。

 

そんな感じでどれくらいやったかな…?人が集まらなくて開催できない時もあったりしたんですけど、結構やらせてもらいました。

あんこ
そうそう、確かに最初の頃はヨガのスタジオでやってましたね!そのあとは?

雨森先生

最初はそんな感じでぼちぼちやっていましたが、2017年にとても忙しくなりました。

 

私の鑑定は60分か90分なんですけど、それを多い時は1日5人ぐらいやっていました。
下読みも前日までに一人20分~40分くらいするので、もう毎日準備と鑑定に追われてパンパン。

 

平均3人ぐらいをずっと続けていたら、振り返ることができなくなってきました。

あんこ
振り返る??

雨森先生

もともと私は、星の象意が個人の生活にどう反映しているのかを知りたくて鑑定を始めたのに、その検証をする時間がなくなってきたんです。

 

鑑定は十分に提供できるんです。お客様にも喜んでいただけるし、経験も積める。
でも私がしたいのはこれじゃない、と思いました。楽しいし、やりがいもあったけど、このままじゃ擦り切れるなって。

 

件数を積んだおかげで提供できることは増えていたけど、私がやりたいことはできなくなってた。
それで2017年の終わり、その時プログレスの太陽と月がスクエアだったんですけど、鑑定価格を上げたんです。それでちょうど良いバランスを取り戻しました。

あんこ
固定宮の話ですよね、自分の中で決まっていて。周りに合わせていくとかではないんですね ・・・(こちら柔軟宮の人)。

雨森先生

自分のペースですね。そういう意味ではすごく自分勝手です。でも何を優先するべきか、自分のホロスコープに書いてあるから。そこは大事にしてます。

 

お客様のことを考える時も、誰に気に入ってもらおう?どうやって売ろう?と考えるのではなく、どんな人と自分は出会いたいかな?と考えます。鑑定している時間も、私の人生の貴重な時間です。

 

私の鑑定にいらっしゃるお客様は、事前に予約を入れ、ある程度の金額を用意し、自分について60分向き合う覚悟ができている方達。
これだけの条件をクリアするのって、意外とハードル高いと思います。

 

あと成田は遠いでしょ?わざわざお運びいただく方は、それだけ真剣です。

あんこ
今はzoomなどがあって便利ですが、距離的に可能なら、やっぱり顔見て鑑定するのが1番いいですよね。タロットも図柄を見たほうが納得できることもありますから。

雨森先生
思いつきでは成田までなかなか来られませんよね。
私のお客様はなぜか神奈川の方が本当に多いんですけど、日本で一番何でも揃う東京を越えて成田にいらっしゃるわけですよ。本当に本当に、ありがたいと思います。だからこそ、良いお客様に選ばれる自分になれるように努力しています。会ってがっかりされたらそれはごめんなさい、なんですけど。

あんこ
他にこのお仕事をつづけられている何か秘訣みたいなのはありますか?

雨森先生

なんだろう・・・?やっぱり家族や周りの人のおかげですね。

 

成田で最初に始める時、ヨガの先生が声をかけてくれた話をしましたが、今鑑定場所で使わせて頂いているはしらカフェさんも、元はそのヨガの先生とオーナーさんが仲良しで、紹介してくれたご縁です。
はしらさんはもともと好きで度々訪れていたカフェなので、嬉しいご縁でした。

あんこ
ご縁と言っても生まれた時から住んでる土地とかではないじゃないですか。
やっぱり人間力なんでしょうね

雨森先生
信頼関係は大事だと思います。
最初に場所をお借りするにあたって、カフェのお名前を出していいですかって伺いました。だって占いは一般的に言うと怪しいものだし、 場所というのはお金も時間も手間もすごくかかっている、大切なものですから。その大切な場をお借りするのに、あそこ変な占い師がいるよっていう評判が立ったら申し訳ないじゃないですか。
そうしたら名前だしていいよってお返事頂いて。これは信頼を損ねるような活動はできませんよね。 

スタッフの方々もみんな暖かいんですよ。鑑定前後の私がいないタイミングでも、何度もお客様をケアしてくれたことがあって、その点でも安心してます。何を食べてもおいしいので、お客様にも本気でオススメできるのが嬉しい。何より自分が食べたいものがある(笑)。

あんこ
どんどんコネクションか拡がってますね。

雨森先生
もうわらしべ長者みたいに繋がって(笑)今出ているイベントも、そんな感じでお声がけいただいて出店してます。

あんこ
前回の翡翠先生のインタビューじゃないけど、縁は人が連れてきますね。

雨森先生

本当にそうですね。いいご縁は人が連れてきます。

 

だからめんどくさくても気が乗らなくても声がかかったら「行きます」って言う。
そうじゃないと人生がくすぶるのを知ってるから。

あんこ
それができるかできないかは違うじゃないですか。
くすぶるのは嫌だけど人の言うことは聞きたくないしって人はいますし。

雨森先生
これはまぁ「私の場合」ってことで。
人それぞれ、もっとうまいやり方があると思います(笑)

あんこ

これからは何に力を入れていきたいですか ?

雨森先生
今年は家族の生活スタイルが少し変わったので、なかなかブログが書けてないなって。またちょっと頑張りたいです。何か面白いこと書きたいですね。

あんこ
勉強になることもみんな求めてそうですけどね。
特に亜子先生の新月読みと満月読みはチェックしている人はかなり多いのではないでしょうか。

雨森先生

ありがとうございます。新月・満月読みは、専門用語を使わないで書くことを自分に課してます。専門用語、使いたくなるんですけどね~。特に今なんて「乙女座に天体が集まって」とか書きたくなるけど、書かない方向で頑張ってます(笑)

 

あと私、月読み、前の月から書こうとしてもなかなか書けないんですよ・・・

あんこ
その時の空気を感じて書くタイプ(笑)

雨森先生
そうそう(笑)あと講座はもっと開催したいです!
私の講座はどれも、昔の私がこういう講座に出たかった、と思うような内容にしてますので、興味がある方は是非来てくださいね!

あんこ
色々お話をありがとうございました!
これからもますますのご活躍を期待しています!

 

占いインタビューの次回は再来週の予定です。

どうぞお楽しみに。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事