8/12『東洋占術夏祭りDAY』にお越しくださいました皆さま、ありがとうございました。

3部とも普段とは違う、それでいてそれぞれの講師ならではの内容だったのではないでしょうか。

「普段とは違う」

というのは、効率や要領、対費用効果だけではない占いの勉強。

"鑑定に即使えるテクニック!"

"相性を見るのに簡単に使えます!"

…というわけではないけれど、東洋占術や占いという概念を扱う上で、忘れてはならない陰陽の根本や、五行が自分や人生に反映されている愉しみがたっぷりつまっていました。

「夏祭り」という非日常のイベントにピッタリだったのでは?と終わって感じます。

私は、ウラナイ8の“研究会リーダー”として、『なっちゃんの夏休み研究発表』を行いました。

高橋由伸元選手と上原浩治元選手を題材に、同じ生年月日の人がどんな半生を辿るのか、算命学と西洋占星術の両面から検証。

副題に「車騎星の哀愁」としたように、「自分(日干)が剋されて生きる人の幸せとは?」という、なんだかヘビーな内容に焦点が当たりまして・・・。

自分を曲げて型にハマることの幸せとは?と訴えられても、車騎星・牽牛星を持たない人にとっては、“そんな世界があるの??”という声が漏れ出てるような感じでした。あと、“そんなの苦しいよ”とか。特に高橋の話を追うごとに、場が引くような感じになってましたね・・・。

結局は「命式を活かしているか」なので、高橋元選手は限りなく活かしているのでしょう。ちょっと苦しくなるけどね。そこに哀愁を感じてしまったのですね、私は。

西洋パートでは、8メンバーお先生方のアシストもあり、二人の対比がより鮮明になった気がします。基本だけど、太陽を輝かせることは人生の充実の直結しますね。肝に命じます。

 

研究発表として、

動機→検証(データ集め)→結論

という流れにしましたが、や〜、東洋西洋の両面からみるのはボリュームありましたね!!!

時間余ったらどうしよう!?と思っていたけど、そんなこと全然なかった、むしろ足りないくらいですみませんでした。西洋占星術を勉強されている方は、資料につけたホロスコープをちょっとみてみてください。

それと、途中に補足やアシストを入れてくださった参加者の皆さま、ありがとうございました。その後も「◯監督との関係が気になる」などのご意見もいただき、もうほんとその通り!!と思いました。某ミスターとか、某オーナーとか・・・関係気になりますよね。

でもそれは、また別の題材となります。

関係性に特化した相性を調べるもヨシ、

2人は監督に向いているのか?という指導者論の視点もある。

私は2人の「剋されて生きる」ところに共感し、着目して、あの結論に至りました。それは、自分自身が剋されて生きている人間だからです。

だから、2人を追いたいと思ったのですね。

私の発表を聞いて、自分だったらこう思う、という意見や感想も有ると思います。ぜひ、そのオリジナルを大事にしてください。

その視点は、あなたにしか持てないし、誰も与えることが出来ない。そこから、検証をし、知識や理解を深めていってください。

どうぞ、私の屍を超えて行ってくださいね(^ ^)

今回はありがとうございました!

 

そして、ウラナイ8と星見当番さんによるコラボ企画のお知らせです。

星見当番ゼミ「占いクラスタおとなの自由研究会」

アストロ短歌やアストロ小学校の主催でお馴染みの星見当番さんが、おとなの自由研究会を開催します。こちらは占術が西洋占星術とタロットのみですね。

勉強を続けてきて、鑑定とは違う知識のアウトプットに興味がある方はぜひ!!当番さんが準備している冊子がまたすごいんですよ。鳳閣星中心の当番さんなので、おおらかに楽しい進行になることでしょう♪

ウラナイ8からはオブザーバーとしてみずまち☆ゆみこ先生、そして私はレポ係として参加させていただきます。よろしくお願いいたします。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事