占いの世界で様々な形で活躍している方々にお話を伺う「占いインタビュー」!

2019年7月に閉店した「ウラナイ・トナカイ」の店長まついなつき先生へのインタビュー、VOL.3で最終回です。
占いの世界について、また閉店後のご自身の展望について伺いました。ぜひご覧ください!(夏瀬杏子)

VOL.1はこちらから→ VOL.2はこちらからどうぞ→

まつい先生のこれからの活動について伺いました

あんこ
占いを勉強したい人や占い師になりたい人には、この10年で何か変化がありましたか ?

まつい先生
10年前はデモシカだったんですよ。私の周りだけかもしれないけど。
学歴もないし、子供も小さくて働けないし占いデモやるシカないかみたいな。でも今はOLさんのような普通の仕事として捉えている人が増えた気がします。若くてイケメン、美女の人が増えましたね。

あんこ
占い師になりたいという人に何かアドバイスがありますか?

まつい先生
えー、やめたほうがいいと思う。

あんこ
(一同大爆笑)えーなぜですか?まあ勧めないですけど。
でも一般の人からするとなぜ勧めないか分からないじゃないですか。

まつい先生

やってみればわかる。
 
何でもそうですけど、なろうと思ってなれるものでもないですから。なんか知らないうちになっちゃっているものなのですよ。こういう仕事って。
 
漫画家でも小説家でも俳優でも女優でも何でも、「よしこれだ」って言って頑張るものではないですよ。 自分が提供したいものより周りから求められているものが多いという人じゃないとダメなんです。
自分が「これを出したい」って言っている人はなかなかなれないです。

あんこ
我か強いとダメってことですか。

まつい先生
そう。それで辞めた人もたくさんいますよ。

あんこ
自分の思い描いていた方向では売れないっていうことですよね。まあ勧めないですよね・・・(みんなうなずく)

まつい先生
まあ仕事ってみんなそうですよ。売れないというか、売れる可能性低いというか。

ゆみこ先生

最近思うのは、なりたい人達は何かこう、占い師という仕事をキラキラいいものとして捉えている人がちょっと増えてきたような気がします。ハッキリとは言わないけど「先生」と呼ばれたいみたいな。
 
でも「ぶっちゃけキャバクラと変わらないよ」って言っているのですけどね。

まつい先生
まあババアになっても出来るキャバクラだからね。(一同爆笑)
一言言えるのは人気商売ということです。そして人気が出るかは誰にもわからないです。

あんこ
まつい先生は覚えてないかもしれないですが、昔お店日記に「占い師は消費コンテンツだ」という話を書かれていてすごく心に残っています。
占い師は使い捨てされていくものだ、という。

まつい先生
お店日記のことは全く覚えてないです。が、それは持論ですね。

あんこ
まだ今現在、お店は終わっていないですけど、今のお気持ちは?
(閉店前日にインタビューしています)

まつい先生

早く片付けたい~~ (笑) 明日トラックが来ればいいのに明後日なのよね。そこはもう乙女月が働いているね 。
 
やめてからは今までにやれなかったことをやりたいです。 本が全然書けなかったから本を書きたいです。
相性の本とかタロットの本とか色々企画は来ていて、やりますやりますと言って会議も通っているんだけど、書いてないから出ていない。

あんこ
それは待っていれば出ますか?

まつい先生
出ます。(ご予定は?)まだ。これから書くんだもの。

あんこ
他に何か・・・どこかに遊びに行ってみたいとか、何かやってみたいとか?

まつい先生

特にないです。猫、預かることになったので、猫は愛でる。
 
定期的な鑑定は9月になったらします。今は休みたい。8月の終わりまでは場所を探したり告知を出したりして9月から始めますのでちょっと夏休みをくださいね。

あんこ
ではまた講座とか鑑定とか読み会とかあるんですね?

まつい先生

します。他にできることはないのでします。
 
本当に11年間お店をやって楽しかったので、やりたい人はお店をやってみるといいと思います。私は実業家じゃないし、事業欲がなかったのでここで萎えちゃったけど、事業欲がある人だったら、ちょうどここ11年目からが伸び盛りだったと思います。
 
本当は誰かが引き継いでくれたらよかったけど、声をかけた人にはみんな「冗談でしょ」って言われた(笑) 冗談じゃないのに。でもそれで諦めることにしました。

あんこ
でもきちんと終わりがあるということは素晴らしいことだと思います。

まつい先生
いや、始めたことは終わらせなければいけないんですよ。終わりましょう。

あんこ
最後にこの「ウラナイ8」についてお聞きしたいです。
何かメッセージをいただけたら嬉しいです。

まつい先生

翡翠先生からお話を伺いました。40代50代はやっぱりちょっと賭けに出た方が良くて、そういう年頃でちゃんとした後ろ盾に翡翠先生がいるのはいいなと思いました。
 
色々仕掛けて物議を醸し出して欲しいです(笑) メンバーみたら、勝手自由な人ばかり。今回さそわれなかった人は、他にも場所がある。でも8の人は行き場がないんだろうな。そういう場合は自分でやるんだよね。

あんこ
どうもありがとうございました!これからもどうぞよろしくお願いします。

 

次回のインタビューは来週木曜にアップ予定です。

どうぞお楽しみに。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事