有名占い師、今注目の占い師の皆さんの生の声を聞きに行く「占いインタビュー」
占いの世界で様々な形で活躍している方々に、「どうして占いの道に?」「どうしてそういう仕事の形態に?」などの色々な質問をしていきます。

 

今回のインタビューは、神奈川県川崎市中原区でセッション/講座/WSのスペース「灯台屋」を運営されているまるおかよしこ先生です。
灯台屋さんは南武線武蔵新城駅近くの、2階建てのスペースです。
入るととても落ち着く感じがあります。


前職は公立の中学校教諭だったというまるおか先生。
どのように占いの道に入ってお店を持つようになっていったかを、ウラナイトナカイの社長だったみずまち先生とお話を伺ってきました。全3回の今回は2回目です。(夏瀬杏子)

VOL.1はこちら→

 

まるおかよしこ先生 プロフィール
山梨県生まれ。
カウンセラー/コーチ/占星術師。
2013年から神奈川県川崎市でセッション/講座/WSのスペース、灯台屋を運営。
HP 灯台屋→
ブログ 「灯台屋日記」→

 

お店を持った経緯について伺いました

あんこ
石井ゆかり先生→って鑑定をされているんですか?

まるおか先生
当時は募集されていました。
サンプルが欲しいといったことだったかも。
最初に受けた(占星術の)対面の鑑定ですごく印象に残っているし、今でも使える、生きてるっていう感じです。そこからまた松村先生の本を毎晩毎晩繰り返し読んで、また占ってみたいとなってしばらくやって、また同じように行き詰まってしまいました。

 

本だけだったのでもうこれじゃ駄目だなと思いましたが、仕事はそのころもうどんどん忙しくなっていたのですが、ちょっと状況が変わってきたんです。

あんこ
変わったって何が変わったんですか?

まるおか先生
周りが変わりました。
ちょうどそのころ、ディセンダントに冥王星が出てきたときで、それまでわりと全体に合わせてのほほんとやってこられたんですが、もう全然そんな感じでは務まらなくなりました。

 

環境から求められることが多くなって、自分も変わらなきゃってなって、本気を出していったつもりが、慣れていない役割を演じて、力を出そうとすればするほど空回りして。

 

心底困って追い詰められたときに「やっぱりこの仕事やりたい。この仕事が天職です。神様どうかやらせてください、土下座します、やらせてください」って心の底からそういう言葉が出てきて・・・そこから現実が少しづつ変わっていったように思います。

あんこ
どんなふうに変わりましたか?

まるおか先生

その後、最後の学校に着任してから、最初に話が出たようにみずまち先生に占ってもらいました。

 

ここで三年間はやろうって決めていたんですが、その三年間はすごくいい三年間でした。
子どもたちや先生方のおかげで。よい仕事させてもらえてよかったなーとなって、そこで教員を辞めることができました。

 

何ていうんだろう、完了感がないと辞められないと思っていて その「本気でやらせてください」があったからそれが得られた気がします。

 

結局自分の心の独り相撲みたいな感じなんですけどね。

みずまち
正しい乙女座ですよね。

まるおか先生
ああああ~~~~

あんこ
そうですよね、わかります。
私も乙女座ですけど、他の誰が許してくれたって自分が許さないとダメなんですよ~

まるおか先生
いやそういっていただけるとまた報われます。

あんこ
教員をお辞めになったときには、何か先は決まっていたのですか?

まるおか先生

いや、もう心の中にはずっと その「占い師になります」っていったときから、どうなればいいのかをシミュレーションしてきたので、イメージはあるんですが、単純にそれまで仕事が忙しすぎて勉強が全然できなかったのでまず勉強がしたいと考えていました。

 

それで52才で辞める前からぼちぼちですけど北原サビアン先生→とすずきふみよし先生→のサビアンワークショップに参加したり、辞める直前、卒業式で最後の子どもを送り出したあと、ラクシュミー先生→のタロット講座を旧松村事務所で受けました。

 

そこで「こちらの世界へようこそ!」 って感じで迎え入れてもらったのが、たいへん勇気づけられましたね。忘れられないです。

あんこ
ブログを拝見すると、本当に初期のころから「場所が欲しい」っておっしゃっていますね。
例えば「どこかのお店に入って・・・」とかは考えなかったのですか?

まるおか先生
そうですね。どこか入ってとかはまるっきり考えなかったです。所属すると不自由になるとしか思えなかった。強情なんです(笑)

あんこ
どこか別の場所で鍛えてからという道も、乙女座としてはありそうですが。

まるおか先生
確かにそうですよね。
でもそこまで頭が回らなかったというか、我慢できないっていうか。

あんこ
(爆笑)確か最初はここ(灯台屋)とは違う所でやっていませんでした?

まるおか先生
そうなんです。その向かいのマンションなんです。

あんこ
(部屋の窓の先にあるマンションを指して)えっ、あれですか?

まるおか先生
はい、2013年の3月31日に教員の仕事を辞めて4月1日にそこを借りたんです。
この部屋(灯台屋の2階)くらいのワンルームって感じです。
駅向こうの不動産屋さんに飛び込んで紹介してもらって、じゃあここにするって決めました。

あんこ
なんだか色々凄いです・・・ 事務所みたいな感じですか?

まるおか先生

そこでセッションができる大きさであればいいと思ってたので、事務所というほどの感覚はなく、セッションルームです。

 

もう名前も灯台屋っていうのを決めてあって、でもそんなワンルームに屋号がどう折り合うのか? って感じなんですけど、そうこうするうちにだんだんなんだか折り合いがついてくる。いつもそういうパターンです。

あんこ
そのあとに、ここ(現在の灯台屋)に越して来たんですか?

まるおか先生

そうです、月イチでお茶会をやっていたんですが、人でいっぱいになるときが増えて。7~8人入ったらぎゅうぎゅうで。

 

ワークショップや講座もやりたい な、どこかいい場所ないかなって思っていたらここ(今の場所)が空いているのを見つけました。

あんこ
また不動産屋さんに飛び込んだんですね(笑)

みずまち
ここは 前は何だったのですか?

まるおか先生
大きなスタジオがこの二軒ぐらい先にあるんですけど、そこの事務所として使われていました。
当時はそれは知らなかったのですが、センスの良いものが置いてあるけど喫茶店ではなさそう、ああいう感じで私も使えたらいいな~と思っているうちに空いたので、不動産屋に飛び込みました。

あんこ
すみません空いてますかって?

まるおか先生
今の所が人が増えちゃったんです、占いの店をしたいです、っていったらいいよって言ってくれたんです。
家賃もなんとか払える金額だったので決めました。

みずまち
ここはちょっと古いかもしれませんが、2階もあって広くていいですよね。

まるおか先生
そう古さは問題なんです。
あと更新まで2年なので・・・3年ごとの更新にしておいて、1回は更新したんですけど、次はしないって不動産屋さんには一応いっているんです。

みずまち
えっ、更新しないんですか?

まるおか先生
でもすごく悩む。

あんこ
ああ・・・

まるおか先生
やっぱり建物が古いから、地震、台風などを考えると心配です。
昭和43年に建っているんです。

あんこ
私とみずまち先生と同じ年じゃないですか。

みずまち

そりゃガタは来るわよね。

 

話は変わりますが、灯台屋さんというお名前は最初からあったということですが、どこから来たのですか?

まるおか先生
はい、リーディングでみてもらいました。
魂の出所 を読んでくれる人がいて、リーディングしてもらったら青い火だと。普通に燃え盛る火じゃなくて何か上空のほうでみんなの道しるべになる火だと言われました。

 

「ともしび」なんだけど、ともしび屋だとちょっとなと思って、じゃあ灯台にしようと思いました。

あんこ
もうそれはずっと頭にあったんですね 。

まるおか先生
すごく短絡的にいろんなことをイメージでフィックスしてしまう感じです。

あんこ
そこに実際にがーーって近づけるのはすごいですよ。

みずまち
よくふざけて「妄想勇者」とか言ったりしているんですけど(笑) 妄想だけで終わっている人がすごく多いと思うので、妄想をいかに具現化するかというのが普通の人には難しかったりしますね。

まるおか先生
そう、NLPをやるうちにイメージ力はすごくついて、頭の中で想像するときに、しっかり明確に、本当にあるよう に想像すると手に入りやすいみたいな考え方が今けっこう広がっていると思いますが、脳内の視覚でクリアに見えると次にどうするかって思考になりやすいです。
そういう意味 ではNLPをやってよかったかな。

あんこ
ではこの先のイメージも見ているんですね。

まるおか先生
今はいろいろな練習会をしたいと思っています。
占星術と、自分ができることといえばタロットと、あとアカシックリーディングも今やっていますから、そうした読み会を沢山やりたいです。
ここに来ると何かやっていて胸が借りられる、そういうふうにできたらいいなと。

 

次回は来週木曜日にアップ予定です。

お楽しみに。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事